ストレス太りをしないようにするにはどうしたらいい?5つの解決策

ストレス太りをしないようにするにはどうしたらいい?5つの解決策毎日のストレスは目に見えないため、気がつくと心身ともに大変なダメージを受けることがあります。特にストレス太りは絶対に避けたいことの一つです。食生活は精神面がとても影響する為に、過食症や拒食症などの深刻な症状に悪化する事もあります。現代のストレス社会は、仕事場でも家庭でも精神的な負担となる場面が沢山あるのです。

そんなストレスとはうまく付き合いながら、毎日を過ごす事も必要とされています。ではストレス太りをしない為にはどのような事に注意をしたら良いのか、ぜひ知っておきたい5つの解決策をご紹介したいと思います。



 

ストレス太りをしないようにするには
どうしたらいい?5つの解決策

 

リラックスできる環境を作ること

ストレス太りの根本的な原因は、毎日重なるストレスです。沢山食べることでストレスを解消していると多くの方が勘違いをしています。食べすぎは肥満の原因で、一時的な快楽を得る事が出来ても、長い目で見るととても辛い結果が待っています。

特にストレスによる過食は、お腹の脂肪が付きやすい原因となっています。中高年男性にメタボが多いのは、社会的なストレスによることも原因かもしれませんね。

そこでストレス解消ができるリラックスタイムを過ごしましょう。ゆっくり入浴すること、好きな音楽を聞くこと、熟睡する事など、自分が快適に感じる時間の過ごし方を考えてください。ストレスが全くない生活を送る事は不可能です。どうやって対処するか自分の工夫次第なのです。

 

食生活の注意点を守ること

ストレス太りをするのは、食生活のバランスが悪くなることが原因です。決して暴飲暴食をすることだけがストレス太りの原因ではないのです。過剰な飲酒や偏った食事、疲れている時はどうしても糖質が多いスイーツも欲しくなりますよね。

ストレスを感じていると、食事の内容にも偏りが出てしまうのです。健康に良いものを食べるのではなく、どうしても食べたいものを食べる生活になりがちです。

そこで注意をしたいのは、栄養バランスをとることと腹八分目を保つことです。特に不足しがちな野菜類は多く取る事をお薦めします。

ビタミン類をはじめ豆類なども脳の働きや自律神経の安定に効果があります。なかなか体の疲労が回復できない場合には、サプリメントで足りない栄養補給をしましょう。

 

外食をしないこと

ストレス太りを解決する為には家で食事をすることを心がけましょう。仕事が終わって疲れている時、ついつい手軽に寄れるレストランなどは魅力的ですよね。

好きなものだけを食べられ、そして面倒な片付けもしなくていいのです。外食をするときは選ぶメニューに注意をしてください。そして何気なく飲んでしまう炭酸飲料も、糖分が大変多いためにストレス太りになる原因です。

外食は手軽な事が魅力ですが、ファーストフードや加工食品には脂質も大変多く肥満の原因です。家庭の手作り料理を食べることで、必要な栄養分を摂取して肥満原因を効率よく減らせるのです。

一人暮らしの方や料理をしないといけない時、面倒でもキッチンに立って動く事も運動のひとつですよ。

【スポンサーリンク】

なるべく運動をすること

ストレス太りをする人には共通して運動をしない点があげられます。仕事が忙しい、疲れて運動したくない、時間がないなど、運動をしない言い訳はいくらでもでてきますよね。

ストレス太りは見た目の問題だけでなく、健康にも深刻な影響を与えてしまいます。高血圧や糖尿病など生活習慣病の原因にもなってしまいます。大切な事は運動をして代謝をアップし、体内の老廃物を出すことです。

肥満体型になると血行の流が悪くなり、体内の栄養の循環も衰えてしまいます。免疫力も減少する為に風邪を引きやすくなるなどデメリットが沢山あるのです。運動は毎日何時間もする必要はありません。

10分だけのストレッチでもストレス解消には効果があります。そして通勤の際に歩く時間を増やすなど、忙しい生活の中で時間を有効に使ってください。

 

テレビの見すぎは太る原因

ストレスが溜まっていると体が疲れやすく、家にいる時は何もする気が湧きません。そんな時にまずやってしまうことが、テレビをずっと見ることです。

誰にでも経験があるでしょうが、疲れた時はただ見ているだけのテレビは最高のエンターテイメントです。しかし気をつけたいのはストレスが溜まっているときのテレビの見方なのです。

テレビを見ていると、必然的にスナック菓子など食べすぎになる要因が沢山あります。そしてテレビを見ている間は体を動かすこともなくなり、運動不足になる要因です。

ストレス太りが気になる時は、家に帰ったきたとき、まずテレビを付ける習慣を改善しましょう。時間があるときは家族と話をする、友達と電話で話をする、本を読むなど、脳を多少活発にすることも肥満防止には効果があります。そして適度な疲労感を残す事で、夜もぐっすり寝むれるようになるのです。

 

いかがでしたか?

ストレス太りは簡単に改善できると油断していると、健康にも害を与え大変なことになってしまいます。心身ともに健康であることが私達の生活には大切なことです。

ストレスから受けるダメージは様々ですが、ストレス太りはセルフコントロールをしっかりすることで、予防対策をする事が可能です。ダイエットは辛いと諦める前に、ご紹介したポイントを参考にストレス太りを解決していきましょう。

 

まとめ

 ストレス太りをしないようにするにはどうしたらいい?5つの解決策

・リラックスできる環境を作ること
・食生活の注意点を守ること
・外食をしないこと
・なるべく運動をすること
・テレビの見すぎは太る原因


“Happy cafe”Twitterをフォロー♪