肩こりを解消するための5つの方法教えます!

肩こりを解消するための5つの方法教えます!辛い肩こりの解消法に皆さんはどのような事をされていますか?最近では仕事でパソコンを使ったり、携帯を長時間使って肩こりの原因になるなど要素があちこちにありますよね。肩こりの一番の解消方法はそれぞれの原因にあった対処をすることです。

また運動不足も肩こりの原因になりますので、日頃から生活習慣の見直しも意識してみましょう。肩こりはそのままに放置しておくと深刻な病気にもなりかねません。男性よりも女性の方が肩こりになりやすく、最近では低年齢化していることも特徴です。早速ですが肩こりの解消、オススメの5つの方法をご紹介しましょう。



 

肩こりを解消するための5つの方法教えます!

 

肩の筋肉をつける

肩こりの解消にはまず原因を理解しないといけませんね。肩こりは首や肩の筋肉が緊張して疲労が溜まった状態です。そのため肩の筋肉量を増やす事で、肩こり解消になり予防効果にもつながります。簡単な運動としては、軽めのウエイトを使用して腕を直角に曲げで上下に動かす運動があります。ウエイトがない場合は500mlの空ペットボトルに水をいれてお手製のウエイトを作りましょう。運動をしているときは肩の筋肉が動いていることを意識してくださいね。

また筋トレの腕立て伏せも、肩の筋肉を付ける効果がありますので、一日10回を1セットで3セットぐらい行いましょう。腹筋にも効き目がありますので、ついでにお腹もすっきりしますよ。

 

血行の改善をする

肩こりの解消には血行の改善が効果的です。首から肩にかけてはリンパ線がありますので、血行を改善することで肩こりの原因になる老廃物を排出しやすくすることが出来ます。また首の部分には太い血管が走っていますので、体温の調整をしやすい点も特徴になっています。肩のまわりを集中的に温めるには、電子レンジで温めた蒸しタオルを肩にかけるようにおいてください。全身が温まる効果もありますので、血液の循環を活発にして冷え性の改善にもメリットがあります。

タオルをしばらくそのままにしてなんとなく筋肉がほぐれたような状態になったらOKです。タオルの上から軽くマッサージするとさらに効果がありますよ。

 

肩こり解消のストレッチ方法

長時間デスクに向かっていると、同じ姿勢が続くため肩こりを起こしやすくなります。ちょっと休憩をして肩こりの解消ストレッチをしてみましょう。まずは首を左右にゆっくり倒すストレッチです。深呼吸をしながらまずは右に首をたおし、首の筋肉のストレッチをしてください。同様に左側も行います。

次は両肩をぎゅっと上に上げて数秒間そのままにしたあとすとんと肩を自然に落としてくさい。このストレッチを10回ほど繰り返しましょう。また肩にはあ「肩井」と呼ばれるつぼがありますので、指で5秒間ほど刺激してみましょう。ツボやストレッチはリンパの流れを活性化しますので、痛みが取れやすくなります。

【スポンサーリンク】

姿勢を正しくすること

肩こりの解消にはいつも癖になっている姿勢を正しましょう。特に背中を丸めてパソコンを使う方は肩に負担がきやすいため、背筋を真っ直ぐにしましょう。猫背の方は肩だけでなく、腰にも負担があるため腰痛も同時に起こっていると思いますよ。姿勢は習慣的になっているため、なるべく意識してイスに真っ直ぐ座るようにしてくださいね。

また長時間机に向かっている場合は腹筋を意識すると自然と姿勢が真っ直ぐになりますので、お腹のダイエットとしても好都合ですよ。疲れた時は必ず休憩をして肩の筋肉をほぐしましょう。同じ姿勢を続けることは一番肩こりの原因になります。頭痛を併発する場合もありますので注意してくださいね。

 

予防をすること

肩こりは繰り返しなってしまう方が大変多いですよね。そのため日頃の生活習慣などを見直して、肩こりをしない体質に改善していきましょう。予防対策としては運動不足を解消して体の血行改善をすることです。ウォーキングや水泳、ジョギングなど全身運動には体全体の筋肉量を付ける効果がありますので、体のバランスが取りやすくなります。

また目を酷使する仕事をする方も、肩こりの原因になりますので、1時間に10分程度は必ず目を休める事、そして首や肩を動かして肩こりの予防をしましょう。高血圧の人も肩こりをしやすいといわれています。日頃の食生活にも注意して、健康を維持してくださいね。

 

いかがでしたか?

人間の体はそれぞれの部位に大切な意味がありますが、肩は重い頭を支えるための重要な役割があります。また眼精疲労も肩こりの原因になるため、体の一定の部位に負担をかけないように工夫をしてくださいね。

最近はパソコンを使った仕事をする人も大変多いですし、タブレットなどを使ってゲームをする人も増えています。長時間同じ姿勢をしていると、肩こりだけでなく腰痛の原因にもなってしまいます。辛い肩こり体質にならないように、日頃から十分に注意して生活をしましょう。また質のよい睡眠をとって筋肉の疲労回復も忘れずに行ってください。

 

まとめ

肩こりを解消するための5つの方法教えます!

・肩の筋肉をつける
・血行の改善をする
・肩こり解消のストレッチ方法
・姿勢を正しくすること
・予防をすること


“Happy cafe”Twitterをフォロー♪