肩こりのツボといえばこれ!肩こり解消に知っておきた5つのツボ

肩こりのツボといえばこれ!肩こり解消に知っておきた5つのツボ寒くなるこれからの季節、体が固まると肩こりに悩まされる人が急増なのではないでしょうか?暑さ寒さに関係なく、慢性的な肩こりに悩まされている人も多くいると思います。

肩こりがひどくなると、頭痛がしたり体がだるくてやる気も起きない状態に陥ってしまいます。肩こりを解消するための自分でできるツボを紹介します。



 

 肩こりのツボといえばこれ!
肩こり解消に知っておきた5つのツボ

 

1.乗り物酔いにも効く「合谷(合谷)」

肩こりのツボといえば、ここでしょう。手の甲側の親指と人差し指の間のツボ、「合谷」です。このツボを知っている人は多いのではないでしょうか。「合谷」を押すとカチカチになっている人、注意です。主観ですが肩の硬さと合谷の硬さは比例しているように感じます。

「合谷」は、手にあるので肩が凝ったなと感じたらすぐに押せるツボです。例えば、乗り物酔いをしたときも合谷であれば、体制を変えずに押せます。電車やバスなどに乗っていても他の乗客に迷惑をかけませんし、ツボを押していることに気付く人もいないでしょう。乗り物酔いをしたときはひどく肩こりになっているはずです。すぐに「合谷」を押して対処しましょう。

 

2.意外と知らなかった「支溝(しこう)」

肩こりに効くツボとして意外と知らなかったのが「支溝」というツボです。「支溝」は、手首から指三本分肘に向かって上がったところの腕の真ん中にあります。このツボは、便秘のツボとしても有名で、肩こりにも効果があります。

「支溝」も「合谷」と同じように押しやすい位置にあるツボなので是非試して欲しいツボです。親指の腹でグっと押すて痛気持ちいいくらいの強さで押しましょう。強く押しすぎると、腕の反対側の血管を圧迫してしびれることがあるので注意してください。

肩こりと便秘は、関係があるのでしょうか?直接的には関係はなさそうですが、やはり体の不調です。どこかが調子が悪いと他にも不調が現れてしまいます。「支溝」を押して二つの

悩みを解消しましょう。

 

3.「手の三里(てのさんり)」は疲れを癒すツボ

「手の三里」というツボを知っていますか?このツボは、疲れを癒すツボとして有名です。体がだるいなぁと感じたら肩こりが影響しています。すぐに「手の三里」を押してみましょう。「手の三里」の場所は、腕を曲げた際、肘の位置から指四本分ほどしわに沿って上がったところです。

「手の三里」は消化器官の調子を整える働きがあります。肩こりがひどいとき、何だか胃がもたれているような症状がありませんか?そんなときは、何をするにもやる気が起きません。体が疲れている証拠です。

「手の三里」のマッサージはできれば、ぬるめのお風呂に浸かった状態で行ってください。お風呂に入って体を温めることで、リラックス効果も期待できるからです。「手の三里」で疲れを癒しましょう。

【スポンサーリンク】

 4.ストレス肩こりには「労宮(ろうきゅう)」

肩こりはストレスからくることもあります。ストレスは、日々の生活の中で溜まってきます。仕事や家事、人間環境や子育てなどとストレスの原因は様々ですが、ストレス肩こりを解消してくれるツボがあります。それは、「労宮」というツボです。

「労宮」の位置は、手のひらの真ん中です。緊張をほぐすおまじないとして、手のひらに「人」という文字を三回書くと良いということを聞いたことはありませんか?これは「労宮」を刺激して緊張やストレスを解消するからだという説があります。「合谷」と同じで手にあるツボなので押しやすく簡単に肩こりを解消することができます。是非、お試しください。

 

5.パソコンの肩こりには「頸項点(けいちょうてん)」

最近増えてきたのが、パソコンによる肩こりです。社会人で働いている人のほとんどはパソコンを操作しているのではないでしょうか?出勤したら、まずパソコンを開いてメールをチェックし、今日のスケジュールをパソコンで確認する…発表資料は全てパソコンで作る…など、デスクワークの人のほとんどがパソコンを利用しているのが現況です。肩こりは、社会問題として挙げられるかもしれません。

パソコンによる肩こりは、首筋がこっていることが原因です。パソコンを利用している人に多くみられるのがストレートネックです。ストレートネックは、名前通り首がまっすぐに伸びてしまっている状態をいいます。パソコンやタブレット端末、スマートフォンを使う際、画面を見るために顔を前方に出します。その際首が前方方向に伸びてしまい、肩こりを引き起こしていると言われています。ストレートネックは病気ではありませんが、現代病として取り上げるべきかもしれません。

さて、ツボの話に戻ります。首筋のこりを解消することで肩こりを解消するツボは「頸項点」というツボです。「頸項点」は2点あり、「第一頸項点」と「第二頸項点」と呼ばれています。ツボの位置は、「第一頸項点」が手の甲側の小指と薬指の間のくぼみで「第二頸項点」が人差し指と中指の間のツボです。

ストレートネックによる肩こりに悩まされている人は、是非お試しください。

 

いかがでしたか?

肩こりを解消するツボについて記載しました。肩こりのツボはたくさんあるので紹介したもの意外も調べてマッサージしてみてください。今回は自分で押しやすいツボを紹介してみました。少しでも、あなたの肩こりが解消されますように。

 

まとめ

肩こりのツボといえばこれ!肩こり解消に知っておきた5つのツボ

1.自分で押せる「合谷」が気持ちいい
2.意外と知らなかった「支溝」
3.「手の三里」は疲れを癒すツボ
4.ストレス肩こりには「労宮
5.パソコンの肩こりには「頸項点」


“Happy cafe”Twitterをフォロー♪