LINEでブロックをされてしまうのはこんな人!5つのタイプ

LINEでブロックをされてしまうのはこんな人!5つのタイプ

LINEでブロックされてしまった経験はありますか?ただでさえショックなことなのに、これが“好きな人”からのブロックだと、そのダメージは大きいですよね。LINEをブロックされると、メッセージを何通送っても“既読”がつきません。

ブロックされてしまった時、「何がいけなかったのか…」心当たりのないあなた…次の5つのタイプのどれかに当てはまっていないか、ぜひチェックしてみてください!



 

LINEでブロックをされてしまうのはこんな人!
5つのタイプ

 

1.しつこい

LINEは、普通のメールとは違い、気軽にメッセージを送ることができます。そして、あなたのメッセージが、相手に確認された場合、送ったメッセージの横に“既読”がつきます。実はこの既読機能、便利ですが、最近ではニュースや新聞のメディアで取り上げられるほどの社会問題にも発展しているのです。

既読になったにも関わらず相手から何のレスポンスもない場合、「早く返事してよ!」と、確かに焦れったい気持ちになるのも理解できます。ですが、相手の都合を考えず、返事を促すようなメールを送ったりしていると、向こうも嫌な気持ちになり、ブロックされてしまうこともあります。

どうしても、すぐ返事が欲しい内容の場合には、“いま、電話大丈夫ですか?”や、“時間のあいたとき連絡ください”など、直接話ができる環境を作るようにするとよいでしょう。

 

2.自分が“既読無視”をしている

相手にされると、イラっとしてしまう既読無視ですが、自分は同じことをしていませんか?後で返事しようと思っていたり、メッセージにそこまで緊急性を感じなかったりすると、つい放置してしまうこともあります。

これが重なると、相手があなたとのLINEに必要性を感じなくなり、あなたをブロックすることも…。夜、眠る前や、通勤時間などに、自分が“既読無視”してしまっているメッセージはないか、確認しましょう。

また、LINEは、機種変更などで新しいアカウントを作成する場合、昔のアカウントは、削除しなければ、そのまま残ってしまい、古いアカウントが相手の連絡先一覧に載ったままになります。相手がもう使っていない古いアカウントにメッセージを送ったとしても、“既読”は一生つきません。すると相手も、自分がブロックされていると勘違いしてしまうこともあります。アカウントを新しくする時には、古いものは、削除した方が、良さそうです。

 

3.ゲームの勧誘を送りつける

LINEには、様々なゲームがありますが、LINEのメッセージを通して、友達これらのゲームに勧誘することもできます。勧誘した友達がゲームを始めると、自分にポイントが貯まったりします。

夜中にLINEを受信したと思ったら、ゲームの勧誘だった、という経験がある人も多いはず。翌日仕事だったり、やっと眠りに入った瞬間にこんなことがあるとイライラしますよね。しかも、ゲームに興味の無い人なら尚更“ウザい”と思うはずです。

あまり親しくもない人や、普段、連絡を取ることが無い友人にまで、ゲームの勧誘を送りつけている人もいますが、それは辞めましょう。

4.元カレ、元カノ

別れると、自分の人間関係の整理整頓として、相手のLINEアカウントをブロックする人もいます。また、失恋した相手に未練がある場合も、相手のタイムラインなどを見てしまわないようブロックすることもあります。

前、付き合っていた人と連絡を取りたいのにブロックされている…という人は、グループなどではブロックされた相手とも連絡を取ることができますので、最終手段として使ってみてください。また、復縁したいけどブロックされている、という人は、既に相手に新しい恋人がいる場合も考えられますので、いきなり復縁を迫るのではなく、まずは近況を聞くなどした方がいいでしょう。

 

5.間違えてブロックされてしまっている

1~4にあてはまらない人で、身に覚えのないブロックをされている人は、相手が間違えてブロックしている可能性もあります。

相手とのLINEトークの画面を開き、一番右上の“設定”を押すと、一覧の中にブロック設定機能もでてきますが、ブロック機能は“通知OFF機能”と“名前編集機能”の間にあり、間違えて“ブロック”を押してしまうことも考えられます。(実際、筆者も、ブロックした覚えがないのに、友人をブロックしてしまっていることもありました。)

普段、会う機会のある人だと、「LINE送ったのに~」と直接会って聞けますが、なかなか会う機会が無い人には、メールや、カカオトークがあれば、そちらで連絡してみると、意外に「あ!間違えてクロックしちゃってる!教えてくれてありがとう。」と反応があるかもしれません。

 

いかがでしたか?

LINEは、相手とのやりとりが簡単にできますが、相手を“切る”ことも簡単にできます。自分のマナーに問題がないか、振り返り、本来の目的である円滑なコミュニケーションツールとして、LINEを活用しましょう!

 

まとめ

LINEでブロックをされてしまうのはこんな人!5つのタイプ

1.しつこい
2.自分が“既読無視”をしている
3.ゲームの勧誘を送りつける
4.元カレ、元カノ
5.間違えてブロックされてしまっている

 

Speak Your Mind

*